【SRT】 Intel Smart Response Technology 【やってみた】

2011.09.07 Wed

今日は、Z68チップセットの売りでもある
SRT:Smart Responce Tecnology にチャレンジしてみます。

SRTは、1台のSSDを1台のHDDのキャッシュとして使い、 
HDDのパフォーマンスをUPせる技術。 HDDが早くなる(感覚に陥る)技術っぽw

どちらかというとマザーのチップセット規格なので製品パフォーマンスとは違うかな。

とはいえ、今回の登場人物のご紹介。

 
   Z68チップセット搭載      SSD Intel X25-V(40GB)                WD製 HDD 2TB
     Maximum IV GENE-Z                  古い型のSATA2.0         WD20EARX

この組み合わせでトライしてみます。
SATA3.0ポートはすでに別のSSD−RAIDで埋まったので、
SATA2.0で部屋の肥やし?となっていたドライブたちでチャレンジです。

■設定方法
 
 やり方はマザーの説明書に書いてあるのでそれに従うとよいですが、
 ?BIOSのSATA設定をRAIDにする。
 ?Windows起動
 ?SRT用のソフトをインスコ (Intel Rapid Storage Technology)
 ?SRT用ソフト起動
 ?ソフトからSSDとHDDを合体!w
   判りやすいインタフェースなので楽勝っす

■ベンチ結果
  
 READ/WRITE、ほぼSSDと同じスペックですね
 
 このベンチマークソフトだとキャッシュであるSSDにしかアクセスしてないかも。
 問題は本当にどでかいファイルのI/OでHDDに書き込みが入った時。
 遅い気がしますが、実際、そのようなケースはあるか謎なので、これでよしとしますか!!

    
        SRT               SSD単体              HDD単体

  1. 2011/09/07(水) 23:00:29|
  2. PC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

【メモリレビュー】A-DATA AX3U1600GC4G9-2G 【罠多し】

2011.09.07 Wed

今日はメモリについて

先日に引き続き、A-DATA製。
なんか嫌な予感がひしひしw

購入編はこちら

さてさて、購入したA-DATA製メモリ

  AX3U1600GC4G9-2G
   4GBx2 で 3,980円

安い!1600規格でこれはイイ! ということで2セット購入。 

■ポイント

 製品仕様はPC-12800(DDR3-1600)なのですが、
 単に付けて動かすだけだとPC-10600(DDR3-1333)相当で動きます。
 BIOSでメモリ設定をX.M.P有効+メモリ周波数DDR3-1600Mhzに変更してください。 

 ただし、変更することでメモリ電圧は1.65Vになります。
 CPU仕様として1.65Vを超える電圧を超えるメモリーを使うとCPUが壊れる可能性が
 あるそうです。

 要は1600Mhzは1333Mhzのオーバークロックということですね。
 設定変更する際はご注意を・・・つか詐欺だろおお?wwww 

■違いは出る!

 設定変更前                 設定変更後
  
     メモリスコア 7.7                             メモリスコア 7.8


■詳細(解析)

まずはポン付けでのメモリ稼動状態をCPU-Zで確認
(あれこれいじって9-9-9-24 の669Mhz の状態ですた・・・。)

  なんか、おかしい・・・。
  669.0Mhz稼動で、7-7-7-20とか、どう見ても1ランク下?の1333規格での稼動です。
  お父さんは1600を買ったはずですよ・・・。
  XMPも1600(800Mhz)となってるし、これは・・・。デフォが1333稼動なのか!? 

  1600のDDR3積んだのに1333認識とはこれいかに・・・。
  急遽BIOSチェックするとメモリ設定は各種オート。
  
  とりあえず、BIOSのメモリ設定をXMP有効+1600Mhz固定にしてみる。
      ( いやー、ROGはBIOS画面もUSBフラッシュに残せるからいいですね!)

 再起動すると・・ 
 
 てーれってれー。
 800Mhzの9-9-9-24、見事に1600稼動ですねー。
 しかし1.65Vとかね!! ギリだwwww

 とりあえず、CPU観点からのメモリ電圧限界が1.65Vでも、 マザーとしてはもっと耐えます。 
 これはマザーの仕様(最新のQVF)をみると判ります。 
  
      そもそも、このマザーはこのメモリを1.75Vまで使えるよ!と言ってます。

  めんどくさいですよね。ポン付けで1600稼動してくれよ・・・とw

 で、きになのがもう一点、なぜにデュアルチャネル表記されねんだ?
 これはCPU-Zのバグですた・・・。
 ROGマザーにはROGカラーのCPU-Zが着いてくるんですがこれがちょと古いらしい。
 最新版の本家CPU-Zをダウンロードして実行すると・・・。



ちゃんとデュアルチャネルと表示されます。

ということで、参考になればこれ幸いな感じです
  1. 2011/09/07(水) 00:51:08|
  2. PC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

Chopi

Author:Chopi
ダラダラ生きてます。

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約