【水冷】LarKooler BA2-241 その1 【はじめませんか?】

2010.09.09 Thu

こんばんは。パーツ代稼ぎに余念がないchopiです。

最近、水冷が流行ですね。ポン付けのタイプから本格的な水冷キットまで様々あります。
現在、1号機はポン付けの簡易水冷を使っています。 

  

     コルセア              装着すると
    CWCH50-1            こんな感じ

Phenom? x6 1090T (3.2Ghz→4Ghz)のオーバークロックでも、
アイドル:25℃ ピーク:45℃
でブンまわせる何気に優れものデス。

しかーし!
会社のPCいじり仲間さん(いつもお世話になってます!)が
パーツ1個1個を自分でチョイスして本格水冷PCを組み上げました。

そして彼が今まで使っていた水冷キットが不要になり、お安く譲って頂けることになりました。

それがコレ。
 
     LarKooler BA2-241
  価格相場:12000円弱
  買い叩き価格:5000円

  詳しくはこちら

既に使われている + 一部の部品も今のマシンに一部流用されているそうで、
私の環境では、純正品と以下が異なることになります。
 
 ・バックプレートがキット品ではない?(M/B純正を頂きましたありがとっすー)
 ・冷却水(クーラント)使用済み。(上図の黄緑の液体)
  (2000円?もする青い冷却水(新品)をセットしてくれました!ありがとうでーす)
 ・水枕(CPUを冷やす部品)の固定用ナット欠品
 
とりあえず、ナットがないので説明書にある下図のような設置はできません。
  
マザーの裏からバックプレート越しに
長いネジを入れCPU側でナットを締めて固定。

でもナットないwww
ならばネジをCPU側から入れてバックプレートをナット代わり
にすればいいじゃない!

ということで、とりあえずCPU周りの部品だけを借用。
実際に装着できそうかを事前に検証させてもらえました。

PCケースのマザー裏側にはバックプレートが装着できる穴があります。
いちいちマザーをはずさなくて良いのです。今時のケースはいい!
ということでCWCH50-1を取り外し、マザーのバックプレートをはずします。

  
うお!微妙にバックプレート隠れてるやん!
ケースの穴、ズレてるやーん!

ということで、全部バラシ開始

  
   ケースからマザーを外し
  バックプレートを外した状況
   めんどいんでグリスは残し

    
       借用した水枕とバックプレートとネジを装着!

         締め付けるトルクがわからんwwww
  どこまでもネジが締まるので、やりすぎると水枕のステーが
    曲がって隙間できるか、最悪CPU歪みそうw

       (そのためのナットだったのかな・・・?)

     とりあえず、浅からず深からず。直感で締めます
             きっといい塩梅!! 


  
   ケース干渉もなし!

  明日、残りのパーツを頂けたら流水テストをしてみます!

  1. 2010/09/09(木) 02:09:25|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

Chopi

Author:Chopi
ダラダラ生きてます。

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約