【大容量】WesternDigital WD20EARS-00MVWB0 を使ってみた。【HDD】

2010.08.31 Tue

さてさて、先日のSSDに続き、今日はHDDレビュー

最近噂の大容量HDDです。


■製品仕様
 WesternDigital WD20EARS-00MVWB0
 SATA2  2.0TB   キャッシュ64MB 667GBx3プラッタ 5400rpm

 ソフマップで8980円
 (本気で探せばショップで週末特価7980円とかあるかも)

■結論
 コストパフォーマンスに見合いますが、OSドライブとしての利用は微妙。
 あくまでも、バックアップorデータドライブとして使うのがベター。
 (HDDレコーダーの外付けHDDとか、地デジのキャプ動画保存とか)

■検証
 比較対象
  HITACHI HDP725050GLA360
  SATA2 500GB キャッシュ16MB 250MBプラッタx2 7200rpm
     (2009年3月生産で実質1年くらいの使用。検証前に最適化等済み)

  
      HITACHI-500GB         WD-2TB

  WD製はさすが大容量だけあってシーケンシャルでのRead/Writeは一歩上です。
  が、小サイズのデータの瞬間的なI/Oになるほど、低プラッタ+高回転(rpm)のが有利か?
  キャッシュの有効性を睨めば4Kの差分は誤差に等しいかもしれません。
  性能的にはそれなりに向上しているようです。

  SATA3のHDDなら激変するかもしれませんし、
  今後、SATA3やUSB3.0のデバイスも増えていくでしょう。
  成熟したSATA2でのHDD市場で、2TBで8000円というのは、
  ひとつの節目なのかもしれませんね。 

■噂とか
 個人的にはHITACHIのHDDに絶大な信用をもっています。
 (嫁PCのHITACHI製250GB(SATA2 8Mキャッシュ 7200rpm 125プラッタx2
    は2006年度からOSドライブとして使ってる一品ですがノントラブル)

 逆にWDはすぐ壊れるイメージがあります。
 自分ではWDを買うのは初めて?なので今後の故障率次第ともいえます。

 実際、このHDD(WD)は初期不良やディスク回転時の「鳴き」もあるようです。
 (早い人ですと、8日でクラッシュ。5台買って4台鳴いた。etc)
 この辺が怖さですね。
 通常は気にしないんですが、この手の報告が多いのも事実。

 パーティション切ってOSとデータを分けても、物理的には1ドライブですので
 物理的なOSドライブは別のものを用意するのがベストなチョイスかも。

  1. 2010/08/31(火) 01:44:27|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【爆速】Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG を使ってみた。【SSD】

2010.08.30 Mon

やっとで噂の爆速SSDを入手できたので、早速検証ですっ。

■製品仕様 

   

 Crucaial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG
   SATA3(6Gビット/秒)対応 64GB  2.5インチ 
 Read - 355MB/秒 (シーケンシャル) 
   Write - 70MB/秒  (シーケンシャル)

 ドスパラにて14800円にて購入。

■結論

 爆速すぎwwww 文句なく買い。
  あーもう1個ほしいwww
 
■検証
 PC環境: Phenom?x6 1090T (4.0Ghz) /  メモリ8GB / Win7Pro(64bit)
                     それぞれのSSDにほぼ同じOS+アプリを入れた状況でテスト
        (約25GB使用状態で空き容量に差が生まれています。)

 比較対象:Intel X25-V SATA SSD SSDSA2MP040G2R5
        SATA2(3Gビット/秒) 40GB  
        Read - 170MB/秒 Write-35MB/秒

   
         Intel X25-V SATA      Crucial RealSSD C300

     基本的にダブルスコア(2倍=速さ2倍)でCrucial有利。
  ポイントは4KのRead/Writeで、
  実際にOS上で動くデータの単位は4Kに近いそうな・・・。
  (ほんとかな・・・?)

  ちなみに、旧式のHDD(SATA2)のスコアはこれ(下図)
   
       SATA2 HDD

  4KのRead/Writeで60倍ですって!?

■コメント

 新規でSSDを買うなら、15000円でこの単品性能は絶対に買い。
 SSD所有者での乗り換えにも結構オススメ。

 今まで使ってきたSSD、Intel X25-Vと比較しても性能約2倍(下記スコア参照)
 Intel X25-V(10000円)をもう1個買ってRAIDにしようかと思いました。
 が、5000円奮発してこっち買って正解でした。
 
 将来的に、SSDは単品で500MB/Sまで性能があがるとの声もありますが、
 現状これを追加購入してRAIDにしたらそれに追いつく(追い越す)ことになります。
 
 キビキビ感のほしいOS周りを最新SSD前提。
 やったら重いアプリ(ベンチや動画・画像編集ソフト)も余裕があれば余剰SSDで。
 一般アプリや、格納用データをHDDでというのが理想かもしれませんね。

 ということで、
  OS     : Crucial REAL SSD CTFDDAC064MAG
      FF14 : Intel X25-V SSD
  他   : HDDで。
 で運用しまてみます。

 いい買い物したわーん。

 


  1. 2010/08/30(月) 01:14:33|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【夏の】流行のHDD+SSD他買ってみた。【買い漁り】

2010.08.29 Sun

前回の投稿でWindowsの自動修復がおかしくなったので
メイン機の構成を見直しつつ、流用パーツで3台目が組める様に
PCパーツ補充です。

むしゃくしゃして買った・・。 後悔はしていない。
いや、後悔しまくりw

まずはソフマップ(店舗)
 

  ?最近、噂の大容量2TBHDD       8980円
  ?2.5インチ → 3.5インチ 変換ブラケット 1080円
  ?SATA3ケーブル               920円

  SATA2だと2TB版
  SATA3だと同じ値段で1TBになりますね。   

そして、探してた一品がWEBで売ってたのでポチ。 (ドスパラ)
昨日頼んで今朝届きました。イカス
 

  ?これまた最近噂の
    SATA3 爆速SSDです。     14800円

 RAID用に2個欲しかった・・・。
 けど、まずは1台で性能を見てそれから2個目を買ってもいいかなーとか。
 余裕があれば、同じチップセットの別SSDを買って比較・RAIDしたいです。
 (中身同じだとの噂のSSDがあるらしい・・)

とどめにコレ。 (Amazon)
まだ届いてません。


  ?激安ミドルPCケース            4180円

    流行の機能が全部入った激安ケース。3号機用にポチ。
     ・内面塗装
     ・裏配線考慮
     ・電源下置き
     ・天板ファンスペース(ファン別途)
     ・フロントファンスペース(ファン別途)
     ・サイドファンスペース(2ファン)(ファン別途)
     ・水冷用ホースルート
     ・3.5シャドウベイがサイドパネル側に設置+ドライバーレス
    
    PCデポ(WEB)では3780円+送料。
    近所の店舗に行ったら4980円。しかも取り寄せに7〜10日。
    これを材料に価格交渉も長引きそうになったんでヤメてAmazon先生。
    今日頼んで明日届く。イカス

他PCデポで。
  ?HDMIケーブル               890円

さーて、組みますかね。
  1. 2010/08/29(日) 17:56:23|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【SATA2】 SATA接続ケーブルによるSSD/HDD性能の違い。【SATA3】

2010.08.29 Sun

chopiです。

SATA2のSSDとHDDに対し、
「SATA2ケーブルとSATA3ケーブルで接続したら差が出るんじゃろか? 」
「BIOS設定のIDE/AHCP設定で差がでるんじゃろか?」
という懸念に襲われたので、検証してみました。 

BIOSの設定でIDE/AHCP設定を切り替えていたら、
Windows起動時にエラーになり、自動リカバリも上手くいきません。
中途半端なリカバリになってしまいました。
(デスクトップ画面全滅+メール2週間分消え)

切り替え時はご注意くださいネ。あくまで自己責任で。

■環境
 マザー: Crosshair?
 SSD  : Intel SATA2 40GB (X25-V SATA SSDSA2MP040G2R5)
 HDD  : Hitachi SATA2 500GB (HDP725050GLA360)

■結果

 SSD:ケーブル:SATA2はSATA2ケーブルで繋いだほうがよさげ。
         (SATA3ケーブル接続だとたまに性能劣化ケースあり。
         テストケースがランダムRead/Writeのため?)
    BIOS設定:AHCP側 計測不可
 HDD:ケーブル:カワンネ。
    BIOS設定:AHCPモードの方が性能よし


■詳細
 ?PORT1-6 IDEモード
  SSD (IDEモード:ポート1)
  
      SATA2ケーブル         SATA3ケーブル 

  HDD(IDEモード:ポート2)
  
      SATA2ケーブル         SATA3ケーブル 

?PORT1-4 AHCPモード + PORT5-6 IDEモード 

  SSD(IDEモード:ポート5)
   
      SATA2ケーブル         SATA3ケーブル 

  HDD(AHCPモード:ポート1)
  
      SATA2ケーブル         SATA3ケーブル 
  

PORT1-6 AHCPモード
 計測不可。
  1. 2010/08/29(日) 13:56:04|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【PC構成】 2010/08/29 【まとめ】

2010.08.29 Sun

我が家のPC構成(8/25版)です。

FF14ベンチマークスコアも載せます。 

-1号機
主PC
2号機
嫁PC
3号機
構築中
CPUAMD
Phenom? x6 1090T
3.2 → 4.0Ghz(OC)
AMD
Phenom? x4 945
3.0Ghz (定格) 
AMD
Phenom? x4 965BE
3.4 → 3.7Ghz(OC)
クーラーコルセア
H-50
サイズ
ZIPANG2
AMD
リテール
マザーASUS
Crosshair?Formula
890FX/SB850
ASRock
A780GM-LE/128M
780G /SB710
ASUS
M4A78T-E
790GX/SB750
メモリPQI
DDR3-1333
8GB(2GBx4)
CFD
DDR2- 800
4GB(2GBx2)
A-DATA
DDR3-1333
4GB(2GBx2)
グラボMSI 
PM2D1G
RADEON5770 2枚
玄人志向 
GF-GTX260-E896G2
GeForceGTX260(OC)
XFX 
GeForceGTX280
電源HEC
Win+POWER
700W
パワグリ?
500W
パワグリ?
500W
OSWin7
Pro (64bit)
WinXP
Pro (32bit)
WinXP
Pro (32bit)
ストレージIntel 
X25-V SATA
SATA2 SSD 40GB

HITACH
HDP725050GLA360 
SATA2 HDD 500GB
HITACH
HDT722525DLA380
SATA HDD 250GB
-
ケースCM
CM690?Plus
シグマ
CoolBuilders CB009
-
-
温度
CPUアイドル26℃41℃-
CPUピーク44℃56℃-
GPUアイドル46℃50℃-
GPUピーク73℃69℃-
スコア
FF14ベンチ
(HIGH)
4669 (クロスファイア)
2560 (GPU1枚)
2361-
FF14ベンチ
(LOW)
5322 (クロスファイア)
4599 (GPU1枚)
3392-

  1. 2010/08/29(日) 00:58:09|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

Chopi

Author:Chopi
ダラダラ生きてます。

リンク

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約